2022年02月25日

部品たちを世界から

ついにウクライナが戦争に突入してしまいました。
大統領自身は戦争しませんからいい気なもんです。でもいつも巻き込まれるのは何の罪もない一般人です。
1分でも早く終わってほしいです
そして全世界が平和に包まれますように祈っております。
そんな中、部品は着々と届いております。
今回は156SWの足回りそっくり

RIMG4129.JPG


今回の修理の依頼は足元そっくりのリフレッシュです

RIMG4131.JPG


MPIは部品の多くをヨーロッパ各国からの輸入が多く
イギリスやドイツはもとより特にウクライナの隣国ポーランドやラトビアなども年間にかなりな量を輸入しています
今のところ、特にビジネスに影響はないそうですが、多くの航空便は
例えばイギリスであれば、ヒースローからシャルルドゴールに運ばれて、そこから一路、東へ進路を取り
チェコやウクライナを通過してロシアの一部からカザフスタンやキルギスを通過して中国は大連に入るのです。
そこでもう一度トランジットして成田で通関となっていました
その模様はちょうど2年前の記事に書いていました
しかし今やこのルートは絶望的です。
すると、次の便は西回りで日本に入るのでしょうか
どうでしょう、距離も倍以上です。
原油高で燃料費高騰の折、余計な運賃は払いたくないです
しかし、今やへたに変なところを飛ぶと撃墜されてしまいそうですし。
こっぱみじんになってしまっては元もこうもありませんからね
posted by admin at 23:59| 輸入部品