2022年01月13日

アルファロメオ156 V6リネアロッサの整備 其の参

今回はドライブシャフトブーツです。
完全攻略編です。

ブレーキパッドの交換作業とのコンビネーションで参ります

RIMG2877.JPG

ウイッシュボーン一体型のナックルやスタビリンクを外して
ドライブシャフトをハブから抜きます。

RIMG2889.JPG


奥に太いヘックスで止まっています。それをインパクトレンチで回して外して
ドライブシャフトを抜きます。スプラインのあるアウトプットシャフトはをデフに残るのでミッションオイルはこぼれてきません。

RIMG2891.JPG

同じく反対側も外します。

RIMG2892.JPG

ご丁寧に両方とも破れています。
車庫から出す時などハンドルの据え切りが多用されている事を容易に想像できます。
156もハンドル切れませんからねえ

RIMG2893.JPG

破れているブーツはカッターで切り取ってCVジョイントを露出させます。

RIMG2896.JPG


古い油をなるべくふき取って


RIMG2900.JPG


Cクリップがあるのが見えます。

RIMG2902.JPG


これを専用のプライヤーで広げながらジョイントを抜きます。

RIMG2903.JPG


抜けたシャフトに新しいブーツを仕込み

RIMG2914.JPG

再び元に戻します。

RIMG2915.JPG


この溝がCクリップの収まる溝なのでこれを飲み込むまで圧入します。

RIMG2916.JPG


おおよそ見えないくらいなりました。この位置でクリップを入れていきます

RIMG2917.JPG

グリスを載せていきます。

RIMG2918.JPG


べっちょり、全部載せです。
全部載せいっちょ〜!

RIMG2923.JPG


新しいブーツをかぶせます。
国によってはベロアなんて言いますね

RIMG2924.JPG


少しハミ出ましたが出来上がり
一応僕も塗装屋の端くれですから、この作業にはいささかの嫌悪感があります(笑)

RIMG2926.JPG


左右同じように作ります。

RIMG2927.JPG


バンドをかしめます。

RIMG2929.JPG


シャフトをアウトプットシャフトのフランジに取り付けます。

RIMG2930.JPG


ここからは昨日の画像に準じます

RIMG2933.JPG

最後にブレーキパッドなど取り付けて、ハブナットをパチンとやったら出来上がり。

posted by admin at 23:59| アルファロメオ156