2021年12月02日

ナゾの故障に侵されたアルファロメオ156GTA その5

原因が分かったので修理作業を進めます

見方を変えてもう一度おさらい

RIMG2455.JPG

+12VはA1のバッテリーからB99マキシヒューズを経て、B1ジャンクションボックスに向かいます。
B1のBCMではAコネクターの2番に入り

RIMG2458.JPG

イラストで言うところのすぐ隣のBコネクターの1から出て、いろいろなデバイスに電源を供給しているのが分かります
実際にはすぐ隣ではなく、裏側なのですが。
そのB-1の電源はJ45のライトリレーに行っているのが分かります

RIMG2459.JPG

このAコネクターとBコネクターを叩きます。

RIMG2472.JPG

Aコネクターは再び使いますのでスリーブを噛めるくらい残して切断します。

Bコネクターは2の方、赤い線の方を切断して、それぞれにバイパス線を引きます。

RIMG2475.JPG

もちろん、この配線は8スケアなので、先のブログにも書きましたが、たまたま来ていた東京電力の人に配線を少しだけわけてもらい、バイパスさせます

RIMG2477.JPG


一口に8スケアなんて、太すぎて滅多に配線作業には使いません。圧着工具もないのでとりあえず、エビの圧着ペンチを買ってきました



かようにがっちりカシメられました

RIMG2478.JPG


大きな電流が流れるので絶縁もしっかり
2枚でどうだー♪

RIMG2480.JPG


反対側は本家のコネクターとバイパスさせる配線と2本を噛むので、スリーブも少し大きい物で
バッテリー端子をかしめる工具でやっつけますが

RIMG2481.JPG


確実に、そして徹底的潰したいので、禁じ手のインパクトで潰します

RIMG2483.JPG


がっちりカーフブランディングされたスリーブ


RIMG2485.JPG

配線が終わったら部品を戻します

RIMG2487.JPG

さて結果はいかがでしょうか?
緊張の面持ちでバッテリー端子を取り付けます

キーオンでヘッドライトを点けた時はうれしくて画像を撮り損ねました
まぶしいくらいにライトが煌々と点灯していました。
ドアロックやパワーウインドウもさっきまでの怠惰な機能が、まるで嘘のように正常に動きます。

後から見た写真のブレ方からも嬉しさが伝わってきます

RIMG2523-1.jpg


LEDも鮮やかに点灯しております

RIMG2526.JPG

ラスボスを倒して気分も高揚していた時は、まさかこの向こうに狙撃兵が潜んでいたなんて疑う余地もありませんでした....
posted by admin at 23:58| Comment(0) | TrackBack(0) | アルファロメオ156
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/189176091

この記事へのトラックバック