2021年11月29日

ナゾの故障に侵されたアルファロメオ156GTA その3 原因究明編その1

怪しい部品を高官して、あちこち点検してもライトスイッチONで8Vになる原因が解らない156GTA
家に帰っていろいろ考えました

ヒューズやリレー、アースに問題なく
スイッチやBCMに問題なく
ヒューズから先、ライトユニットにも問題がないのにライトはおろか、ロックもパワーウインドウが満足に動かないとは?
トラブルの尻尾すらつかむ事ができません

アースはみんなそれぞれに違う場所で取っている。
これはライトはライトでトラブルを起こし、その他は別の故障ではないかとふとんの中で考えました

今一度、点検するも特に問題が見つかる事はありませんでした

もう一度配線図を見て考えます

RIMG2459.JPG

細かい説明は省きますが、ライトSWを作動させてJ45リレーが働いたときにFコネクターの2に12Vが流れ

RIMG2460.JPG

ジャンクションボックスを通過するとCコネクターの5,4から出力し左右のライトが点灯する

RIMG2461.JPG

であればF2に強制的に12Vを流せば点灯するはず
Fコネクターは
ちょうどJボックスの裏側です

RIMG2465.JPG

ここに12V入れたらヘッドライトが明るく点灯しました!
ヘッドライトだけ

でもこれで、BCMすなわちジャンクションボックスは完全にシロだということが判明しました

となると?
J45に12V供給している87番
すなわちジャンクションボックスのB1に12Vを強制的に流せばライトは店頭するはずです

RIMG2460.JPG


B1はメイン電源の1つで6スケアもある太い配線です

RIMG2448.JPG

こいつに12Vをじかに流すのです

これ割りと簡単に書いていますが、実際の作業はずっとカールゴッチみたいなかっこで作業しています

1638182853624.jpg

20170301172930.jpg

首がズガガ〜ンとなってしまうので続きは次回にしようかな
posted by admin at 19:51| Comment(0) | TrackBack(0) | アルファロメオ156
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/189168808

この記事へのトラックバック