2021年05月23日

アルファロメオ156GTAの修理

そして部品にはいつも泣かされる時代の156GTA
オーバーヒートでレッカー入庫です

水周りに泣かされるクルマです。

RIMG7406.JPG


本当に美しいV6 3.2L
オーバーヒートの原因はラジエターロアホースにあるようで、順番に分解して交換します。

RIMG7499.JPG


ダクトを外しバッテリーを外します。

RIMG7500.JPG


バッテリーにはHKSのアルファロメオ用のアーシングが付いています。
なかなかよくできた部品でさすが、HKSと唸ってしまいます。

RIMG7502.JPG


バッテリーを外してトレイを取りはしますと

RIMG7504.JPG


小さな四角い小窓があるのが分かります

RIMG7505.JPG


クラッチのエア抜き用のブリーダーがあります。
クラッチマスターシリンダーなどクラッチの油圧ラインを何か修理した場合にここからエア抜きをするのです

RIMG7506.JPG

おおよそそっくり外れました
でもまだまだ分解は続きます。

RIMG7508.JPG


エアクリーナーボックス。これも単体で外すのが意外にホネでして
返しをうまく抜くのが最大のヤマです

RIMG7509.JPG


全て外れてロアホースが露出しました。
当然サーモ側はバンドですが、ラジエター側はクイックカップリングです。
そこのOリングが抜けない抜けない。ラジエターが壊れませんようにと、おまじないを唱えてぶっこ抜きます
のーまくさんまんだあ

RIMG7513.JPG


抜けたホースです

RIMG7514.JPG

ご覧ください。とんでもないことになっています。

RIMG7515.JPG

亀裂は先の方まで行っています。なんでだろうー?

そしてこの聖なるロアホースを交換します。純正の新品です

RIMG7519.JPG

ちなみに156のV6には2種類のロアホースがありまして、60685102と60689794なのですが
全車は2.5、後者は3.2で、3.2の方はまだ純正品が手に入るようですが、2.5は手に入らなくなっています
リプロダクトされたものがありますが、さすがに社外品だけあって、大変クオリティが低いです
あるだけマシ的な感じ。
昨日の話ではありませんが、3.2は純正品が手に入るのでありがたいですねえ

RIMG7521.JPG


どんどん組み付けて行きます。

RIMG7655.JPG


大事にされているのがひしひしと感じます。

RIMG7656.JPG


サブタンクも取り外してきれいに洗って冷却水を入れます。
エアが大変抜けにくいので、試乗と様子見はすごく大事です。

RIMG7657.JPG


完成後も数日間は水位を注意深く見てから納車しましょう

posted by admin at 21:00| Comment(0) | TrackBack(0) | アルファロメオ156
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/188694746

この記事へのトラックバック