2021年04月04日

マセラティクーペのドア

現在作業中のマセラティクーペの修理

RIMG6665.JPG

塗装作業の為にドアを分解します。
なーんて言ってもどこからどうばらすのか?なんてわかりっこないので、わかるところから順番に行きます

RIMG6666.JPG


イタリア車の大定番、リフレクターの中に1個めっけ。

RIMG6668.JPG


インサイドハンドルエスカッションはここにボルトがありますと言わんばかり。

RIMG6670.JPG

そしてエスカッションの下に1個めーっけ

RIMG6679.JPG

こういった大きなドアの


スピーカーネットを外して、スピーカーを外すと

RIMG6672.JPG


ここにも上下に2個めーっけ

RIMG6674.JPG

そこにあるという事は? おおこれはまさしく166と同じドア下に何個かめーっけ

RIMG6676.JPG

 妙に怪しいツイーター
外してみたら

RIMG6680.JPG


やっぱりここにも1個めっけ

RIMG6681.JPG

それでも外れないトリムパッドを少し動かして確認すると
どうも上側にボルトがあるようです。
ボルトの場合は全く外れようせず、クリップの場合は少し伸びるので、取り付けている違いが分かります

今回はためらいキズがあるので判り易いですね

RIMG6682.JPG

QPにも使われる返しの付いたチ〇コみたいな形のクリップで止まっています

RIMG6683.JPG


ここに何個もボルトが付いています

RIMG6684.JPG

これでようやく外れました。

RIMG6685.JPG

丁寧にウオーターシールドを外しまして

RIMG6688.JPG

続きは次回
posted by admin at 21:52| Comment(0) | TrackBack(0) | マセラティ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/188550757

この記事へのトラックバック