2021年01月20日

新・166修理の旅3

只今、日本全国166探しを実施中。
詳しくはこちらの記事からどうぞ

是非、お乗りの皆様のご参加お待ちしております

エンジン交換中の166

移植されるエンジンの準備が続きます。
こちらは移植されるエンジン。
元々は156GTAに載っていたエンジンで、エンジン型式そのものは同じでも付属している部品は結構違っています

RIMG4662.JPG

一見同じに見えるサーモケースですが、そのケースの後ろ、ヒーターパイプに注目。

RIMG4663.JPG


これは今まで積んでいた166のサーモケース。その上のヒーターホースをつける部分はダミーで、穴が開いていません。
これを取り替えるにはボルトは一緒でサーモケースの下にありますので、サーモケースを外すとこのダミーを外す事ができるのです。逆を言えば外さないといけないわけです。必要ないウオーターパイプなのに... 

RIMG4664.JPG

サーモケースは性質上、密閉度の精密製を求められているので、ガッチガチにくっついています。
だから外すのもそれなりに大変。
外したら汚れやサビを落としてきれいにしてからOリングを入れます
画像は超高速でEくんがワイヤーブラシを動かしている画

RIMG4675.JPG

何度も言いますが右のパイプは使わないのでいらないのですよ。
いらないけどぞんざいにすると、ここから冷却水漏れするのできっちりやらないと。
人間で言うところの盲腸みたいなもの?

RIMG4672.JPG

Oリングが入った3つのパイプ。本当はここにもう一本ウオーターポンプから来るパイプが1本あるのですが、それは今はまだ取り付けません

RIMG4677.JPG

クランクのリアシールも交換します。
クランクシャフトはご存知の通り、内燃機関でシリンダー内で爆発を出力に変える重要な部品です。しかし通常はトランスミッションとエンジンの間に挟まれているので、見る事すらできません。
しかし、当然、シャフトが外部に露出する部分はシールが無いと中身がダダ漏れになるので、こんな機会でないと交換できませんから
ここで遇ったが100年目、千載一遇のチャンスなのです

RIMG4665.JPG

クルマが古くなると、 エンジンオイルの管理不良などで、エンジンオイルの品質が下がり、シリンダー内で圧縮した混合気がピストンリングの隙間からエンジンブロックに逃げて、エンジン圧力が高くなり、こういったシールを攻撃するのです。
もちろん経年劣化によるものも避けては通れません。

RIMG4668.JPG


新しいシールを圧入します。

RIMG4670.JPG

これで当分はオイル漏れから開放されるでしょう

RIMG4671.JPG

とりあえずここまで出来て遅い目のお昼ご飯。

RIMG4680.JPG

食後はトランスミッションです。
まず、フライホイールからです。
奥の大きいフライホイールは166用で、横の薄い方が156GTAの。
166のはミッションダンパーと呼ばれる、クラッチを繋いだ時にガツンとつながっても ここでぎゅっと1回バウンドしてからクラッチがつながるので
ガクガクならないのです。つまりコンフォートに走れるのです。その代わり大きくなる分、慣性が強く働きエンジン回転のレスポンスが悪くなります。
これも走行距離が長くなるとダンパーがへたり、ほぼダイレクトでつながるようになってしまうのですけどね。

RIMG4687.JPG

さっきのクランクに強力なクロモリ鋼のボルトで締め付けたらクラッチを取り付け

RIMG4688.JPG

動力をトランスミッションに伝えるクラッチ板、それを上のフライホイールに押し付けるクラッチカバーを取り付けました。
この際にメインドシャフトが入る真ん中の穴がトランスミッションと一直線になるためのセンタリング作業して

RIMG4689.JPG

ボルトを全部締め付けます。ここをいい加減に作業するとトランスミッションを入れる際に苦労します

RIMG4693.JPG

ここのボルトはリブCVボルトなので、トルクスで作業したら大変な事になります。

RIMG4692.JPG

用済みのエンジンから外したトランスミッション

RIMG4695.JPG

これがTミッションのメインシャフト。ちなみにこれと対を成して変速するのがカウンターシャフトです
それはもちろんトランスミッションの中

RIMG4696.JPG

メインシャフトには特殊な形のベアリングが付きます。レリーズベアリングです。このベアリングの動きが渋くなったり、クラッチカバーのダイアフラムスプリングが傷んでくるとクラッチペダルが重くなるのです。ちなみにGTAではこのベアリングを動かすレリーズフォークそのものの動きが渋かったのを見た事もあります

RIMG4698.JPG

ここからはあまりに大変なので、画像が無いのですが、トランスミッションが無事にくっつきました

上のレリーズベアリングをクラッチカバーに飲み込ませて、レリーズベアリングの鍔が引っかかると、フライホイールとクラッチとメインシャフトはいつもくっついて、メインシャフトはクランクが回っている限り、メインシャフトも一緒に回るのです。
クラッチペダルを踏むと油圧でレリーズフォークを動かしてレリーズベアリングをクラッチカバーごと引っ張るのです。
すると、フライホイールからクラッチディスクが離れて動力が分断されて、その間にギアを変える仕組みです。
わかったかなー?

RIMG4703.JPG

ここから先はエンジンマウントなど下回りの吊り上げて作業しないと交換できない部品ばかり

RIMG4710.JPG

おっと、こんな所にセンサーが

RIMG4713.JPG

油温センサーのようです。156には付いていませんでした。グロメット代わりのボルトだけ

RIMG4719.JPG

吊り上げて昨日外したエンジンマウント類を取り付け

RIMG4723.JPG

意外にこれが大変なのよ。

RIMG4725.JPG

サブフレームに移しました。

RIMG4727.JPG

やっとここまで。でもまだまだこれからなのですよ。

RIMG4728.JPG

移す部品がまだまだ満載です

RIMG4729.JPG

次回に続く
なんか長編すぎかなあ?
長すぎるのはいかがなもんかと指摘された事もあるんですわあ
posted by admin at 21:42| Comment(0) | TrackBack(0) | アルファロメオ166
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/188313934

この記事へのトラックバック