2020年08月16日

なかなかうまく行かない156の風量アップ作戦

7/26のブログで書いたアルファロメオ156のエアコンでどうして効きが今一つなのかを書きました。

RIMG9761.JPG

で、自分的に「これなんじゃね?」と言うアイディアがあったので早速試案を試すことに。
よくよく高さを調べて、塗装のテストピースで作りました

RIMG0818.JPG

ちゃっちいですが、効果が認められればプラ板か塩ビ板でしっかりした物を作ろうと意気込んで作業して取り付けると....

RIMG0821.JPG

ぶっちゃけ、もらったんじゃね? と思っていたのですが。えー、効果は全くなく、希望や自信は脆くも崩れ去りました。
全く風量が変わらなかったことには残念とかの思いなど通り越して笑ってしまいました。
♪ぼーく、ぼーく笑っちゃいます、こらえきれずに〜♪

では何か違うスキームはないかと頑張ります。

RIMG0822.JPG

まー、考えることは同じですよ。やっぱりアレを試してみたいのです。

RIMG0823.JPG

ルーバーとデフューザーを切り離します。

RIMG0824.JPG

隙間を埋めるスポンジテープを外しますが、これはもうポロポロと砂のように崩れるだけで貼りなおして良かったとなるでしょう。10ポイント!

RIMG0826.JPG

さらにばらすとこのように網だけになります。ここで何をやりたいか、大体察しは付きますね。
RIMG0829.JPG

ここからも冷気を出せるようにしたいのです。

RIMG0830.JPG

よーし、待ってろよ〜。3mmくらいのドリルで穴をいくつか開けて、やすりで横長にすればOKだろ

RIMG0831.JPG

でもこれに穴をあけて、やすりで擦るには表の見える部分がギタギタになるのでは?

RIMG0832.JPG

でも後ろ側は簡単だなあ。適当にくりぬいてしまえばOKだろうと。

RIMG0834.JPG

工場の中で作業をしようと改めて見ると、吹き出し口のちっさい事。あり得ないくらい小さい。
しかもこんなに上手にルーバーを削れっこない事は誰の目にも明らかです。
これに手を出してはいけない。そう思って諦めました。

RIMG0835.JPG

続いて着目したのは、これまた意味不明な仕切りです。
真正面がダメなら上から出る風の多さに期待します。プラス10ポイント

RIMG0842.JPG

まずはエアソーで粗切りして

RIMG0844.JPG

ベルトサンダーで均します。

RIMG0846.JPG

結局、くたびれ儲けだった部分は元に戻してシールテープを貼りました。

RIMG0856.JPG

では合体して効果のほどを確認。
ここからは世界の果てまでイッテQのお祭り男の実況アナウンサー 蛯原哲風に
ac-ebiharasatoshi.jpg

本日期待の大一番がやってまいりました!

RIMG0857.JPG

早くも取り付けてその時を待ちます。
さあ期待の吹き出し口(改)の様子はどうだあ?
スイッチオンで行ったー!!

RIMG0860.JPG

あー! なんと!!それほど変わりません。

RIMG0865.JPG

前も上も加工前と大して変わらないように感じます。
早くもMPI敗れ去りました!

RIMG0866.JPG

せっかくいろいろ作業したのに惨敗を喫しました。
残念ながら基本設計の厚い、厚い壁が立ちはだかりました。
これには作業者がっくりです。

それではみなさんごきげんよう、さようなら。

とまあ、なかなか上手く行かないものですねえ。
顔を洗って出直しです。
posted by admin at 20:11| Comment(0) | TrackBack(0) | アルファロメオ156
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/187810611

この記事へのトラックバック