2020年08月04日

アルファロメオ156 2.5 V6 24Vのタイミングベルトのセッティング

ばりばり作業中の156。低年式の極初期の物でありながら、短い走行距離、抜群の程度のレア物の中身はどうなっているのでしょう。タイミングベルトの交換の作業で見てみます。

IMG_1674.JPG

もう僕らも果たして何台のV6をばらした事か。
それでも毎度、新たな発見が見れて愉快なクルマです。

IMG_1678.JPG

全てはサージタンクの脱着から始まるのです。

IMG_1679.JPG

156はフレームとの隙間が狭くなかなかいい道具が見つかりません

IMG_1680.JPG

近いうちにまた違う極短のソケットを仕入れしますので、もう少し楽になるかなあ?

IMG_1684.JPG

悪魔の鉄パイプでお仕置きだべー の巻だコロン

IMG_1685.JPG

で、1番の上死点を確認。

IMG_1689.JPG


この時点でほとんどトップを確定させておきます。

IMG_1692.JPG


位置さえ決まれば、ベルトを外して各パーツを外して行き舞うs。

IMG_1695.JPG

スプロケットにバックプレート。バックプレートまで外すのは?



RIMG0177.JPG


ウオーターポンプの上側の蓋みたいな、サーモに続くパイプに水流を変換する部品のボルトたった2本を外す為だけに外します。

RIMG0178.JPG

156はとかく何をするのも難しいです

RIMG0180.JPG


下回りも北の方にあったとは思えないくらいキレイ。サビもありません

RIMG0184.JPG


赤い棒ライトの脇のエンジンマウントが極端に手に入りにくいマウントです。

RIMG0186.JPG


ボルトを入れてカムロックを締めこんだら、スパークプラグを抜き。

RIMG0190.JPG

完全なトップを確定してベルトを張ります。

RIMG0194.JPG


マイクロメーターの針の動きを見ながら、正にテッペンを目指して作業するのです。
2-3回でうまく行きます。もちろん、大きく動かしますとピストンはバルブと衝突しますから、先に決めたように予め、おおよそトップを出しておくのです。

RIMG0199.JPG

 次回組み付け編です。
posted by admin at 01:00| Comment(0) | TrackBack(0) | アルファロメオ156
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/187770343

この記事へのトラックバック