2020年06月03日

V6タイミングベルト交換

ばらしがあれば組がある。これは自然の摂理です。だから僕らは仕事がなかなか終わらないのです(笑)
だって疲れちゃうんだもーん
ウオーターポンプの組み付けから

IMG_1377.JPG

メタルペラなどと言われる物です。でも半永久的に持つかと言われるとそんなことなくて
ヒビは入らないけど漏らないとは限りませんから

IMG_1378.JPG

はい、キレイですねー

IMG_1379.JPG

もちろんテンショナーも新品です

IMG_1383.JPG


タイミングベルトとアイドラープーリー。

IMG_1384.JPG

ベルトを付けて

IMG_1386.JPG

テンショナーを張ります。

RIMG8936.JPG

位置的に直接テンショナーの正規の位置を見ることができないので手鏡で確認するのです。
張る強さはメカニックの経験と切り欠きの位置です(笑)

RIMG8937.JPG

しかし圧倒的に狭い。上から下から攻撃してどうにかなるのです。
RIMG8942.JPG

カムはロックされているので動かす必要はなく、クランクの位置はマイクロメーターで位置を決めてボルトをロックさせます。
その後、カムスプロケットを8kgくらいで締め付けて出来上がり

RIMG8943.JPG

続いてドライブシャフトブーツ

IMG_1392.JPG

このシャフトを止めている8mmのHEXボルトが超硬く締まっています。いつも苦労させられるところです。

IMG_1390.JPG


CVジョイントのカバーはジョイント部を水や砂利などから保護するために大変に大事な部品ですが、一方で常に外気さらされてハンドルを切るたびに伸ばされたり縮められたりするので、どうしても破けてしまいます。
ここが破れると絶対車検には通りませんので車検時には必ず確認します

IMG_1395.JPG

組み付けたら出来上がり。何でもかんでも大変なアルファロメオ。大変なぶんだけ維持費もかかるのですよ。

RIMG8949.JPG
posted by admin at 22:51| Comment(0) | TrackBack(0) | アルファロメオ156
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/187556431

この記事へのトラックバック