2020年06月01日

予期せぬ出来事

アルファロメオ156 2.5V6 24Vのタイミングベルト交換を作業中の話。
IMG_1307.JPG

同じエンジンのシリーズでも車体はその都度違うので行う作業方法も違うのですが、全体的に見れば似ています。
もうMPIでは結構な数のBUSSO V6エンジンを整備してきました。
このV6はEURO3の対応車、すなわちボッシュのME7.3.1システムです。
仕組みは違ってもだいたいやることは同じです

IMG_1310.JPG

それゆえ、分解する手はずはかなり判っている方ですが、それでも一筋縄では行かないのが整備のお仕事。
未だ4万キロにも満たないこのクルマは至るところが実にキレイ。

IMG_1312.JPG

この自動車、いやエンジンのアイデンティティでもあるサージタンクとメッキのパイプを外して
タペットカバーを外します。

IMG_1316.JPG

タイミングベルトロアカバーを外してクランクを見たところ。
既にウオーターポンプの下側にLLCが漏れた跡があります。
ちょうど交換時期だったのですね。

IMG_1319.JPG

平成17年にラインオフして今日まで1度も交換されなかったであろうタイミングベルト
15年分の垢を落としましょう。

IMG_1317.JPG

少し雪のある地方から来たのか若干のサビが見受けられます。

IMG_1325.JPG

特に影響を及ぼすようなことはありませんから心配いりません。
ちなみにエンジンの真後ろに鎮座するサスペンションクロスメンバー
ちょうど真ん中にエキゾーストパイプが通る下にエンジンマウントがあります。
そしてその後ろに遮熱版の付いたパネルが見えますが、156がエンジンを降ろす場合、これらまで取り外す必要があります。
遮熱版の下にクロスメンバーの取り付けボルトが2本存在するのです。アホな造りです。

ただ、この遮熱版の付いたパネルを外すと、車内のセンターコンソールまで外すことになるので、後ろの2本のボルトを残して全部外せばブラブラになるので、遮熱版を避けながらエンジンを降ろすという難易度の高い作業が要求されます。

IMG_1326.JPG

サイレンサーの上にあるのが遮熱版を抱くパネルですが、車内側にはチェンジレバーとパーキングブレーキが据え付けてあります。なんでもかんで1つのユニット化して部品を持ち寄って自動車を作る思想と言うか方法論が、当時流行ったのでしょう。
整備性の良さはゼロどころかマイナスです。

IMG_1327.JPG

機を取り直してタイミングベルトを外します。

IMG_1333.JPG

走行距離が若いのでエンジン内部も大変キレイです

IMG_1336.JPG

そして何より優秀なのがカムのロックを置いただけで寸分の狂いなく取り付けができることです。

IMG_1338.JPG

部品もそれぞれ美しい。

IMG_1340.JPG

1番シリンダーにはあらかじめ、棒状の物を入れておおよその上死点を出してカムロックのボルトを締めます。
カムのスプロケットを緩めて外す手はずを整えます。すべてはカムスプロケットの後ろのタイベルカバーを取り外すためです。
しかし156は狭い。隙間が実に狭いのです。

IMG_1342.JPG

まずテンショナーを緩めます。6mmのヘックス2本、とんでもないトルクで締まっています
下側を緩めたらクルマを下げて

IMG_1343.JPG

上からボルトを緩めます。上から下から交互に攻撃します。

IMG_1347.JPG

テンショナーが外れたら、スプロケットのボルトを外してスプロケットごと外します

IMG_1348.JPG

狭い、とにかく狭い。かといってエンジンを降ろすとなると、それはそれで強烈に大変。
造りの悪さと言うか、場当たり的な設計と言うか、もう少し整備することを考えて作ればいいのになあ

IMG_1349.JPG

交換するアイドラーベアリングも外していきます。
ところがここで問題発生。
〇の中のアイドラーのボルトが全く回りません。ガチガチに締まっているのを通り越しています。
いろいろな工具が投入されます。
ボルトは8mmのヘックスです。ボルトとフレームの間は60mmありません。

タガネではたいたり、様々なレンチを使いましたが
最終的に8mmのHEXソケットに8-10のストレートメガネをかけて、Sメガネに例の倍力工具をかけて
EくんはHEXソケットのお尻をボルトから抜けないように長いバールで押す役目。

IMG_1355-1.jpg

バキッ!と凄い音と共に緩みました....

と思ったら8mmのレンチが割れました。もはや普通に緩ます夢は儚く消えて、残された道は破壊して取り外すという一本道になってしまいました。

ここから延々とベアリングとボルトを削る旅です。

IMG_1360.JPG

ここまで3時間にわたる時間を浪費してアイドラー1個を外しました。
予定ではタイミングベルトを張るところまで行く予定でしたが脆くも崩れ去りました。

IMG_1361.JPG

この苦労のすべては、このウオーターポンプの上側の4本中、エンジンよりの2本を外すためだけに苦労しているのです。

IMG_1369.JPG

反対のバンクのカムシャフトの先端が見えます。キーの入る溝はあるのですが、キーはなくツルツルのカムシャフトに任意の位置でスプロケットを取り付けできます。逆を言えば、何の準備もなくいきなり外してしまうと取り消しの付かない結果が待っています。

IMG_1370.JPG

外したウオーターポンプ。まだキレイですが、このポンプは例外なく、スクリューにヒビが入り、水を循環できなくなりオーバーヒートします。例外なく壊れます。

IMG_1372.JPG

ブロック側もキレイですねー

IMG_1375.JPG

今回はここまで。全く予定通り進みません。誰だクルマの整備なんてボルト回してりゃそのうち終わるとか言ったやつは!
ああしんど。

posted by admin at 22:27| Comment(1) | TrackBack(0) | アルファロメオ156
この記事へのコメント
ううむ大変ですね〜。
お疲れ様です。
自分ではalfaとかスバルの水平対向とかは
やりたくないです。
Posted by keioku at 2020年06月02日 07:04
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/187552963

この記事へのトラックバック