2020年02月03日

アルファロメオ156GTAのタイミングベルト交換

今度はタイミングベルトの交換。
既にカムホルダーが付いた画像からですが
本当はここまでにいくまで、スターターやウオポンなど数多くのステップがあるのですがEくんが熱中して作業したので画像はなナッシングでした。
1番の上死点近くまで出しといて、ウオーターポンプを交換しました。
その後指定された位置にカムホルダーを取り付けて完全な上死点を目指します

RIMG5490.JPG

クランクシャフトを回して完全な一番上を探って

RIMG5493.JPG

カムスプロケットのボルトを止めます。

RIMG5495.JPG

新しいポンプが見えます。画像はありませんが例の金属ペラのポンプです。

RIMG5496.JPG

ちょっとずれていますが、誰かがつけた合わせマークもだいたい揃いましたね

RIMG5497.JPG

カムはがっちり止まっていますから、あとはクランク、すなわちピストンの位置です。
何度もマイクロメーターを見て、完全な一番上に来た時の針の動きを見ます

RIMG5501.JPG

決まったのでしっかり締めます。

RIMG5505.JPG

カムの位置が決まったら次はテンショナーの位置を決めます

RIMG5506.JPG

テンショナーには目安の位置があります。これでかなりしっかり張れます

RIMG5508.JPG

全部締めたらカムホルダーを外して本物のカムホルダーを取り付けます。

RIMG5509.JPG

プラグホールガスケットを取り付けておいて、タペットカバーを待ちます

RIMG5511.JPG

タペットカバーパッキンも交換しておきます

RIMG5524.JPG

オイル漏れがしないようおまじないをちょっと塗っておきます。これは大事なおまじないです。
いやまじないどころじゃないな、呪文?違うな、合言葉? う〜ん、生命線?(笑)

RIMG5527.JPG

どんどん組み上げていきます。なにしろこの日にエンジンを載せてから帰る予定でしたから

RIMG5528.JPG

反対側のバンクも取り付けます

RIMG5532.JPG

後ろ側はサージタンクの足が入るブッシュを置いておきます。

RIMG5534.JPG

だいぶエンジンらしくなってきました

RIMG5537.JPG

後ろのバンクは分解するのも大変なので、こういった作業の際にスパークプラグとイグニッションコイルも交換します。
フロント側はいつでも簡単に作業できるので、リアだけでも作業しておきます
RIMG5538.JPG

サージタンクが付くと一気にそれっぽくなってきます

RIMG5540.JPG

オルタネーターの太い端子やO2センサーの配線などをまとめて見えなくなる部分を組んでいきます

RIMG5547.JPG

カバーもしてファンベルトも張りました。メッキのパイプもそろいました
完成間近ですが、やはり後ろ側でやりにくくなる場所を攻撃しておきます

RIMG5548.JPG

ミッションオイルです。75W-90は硬くてなかなか入って行きません。
この日はこの冬一番の寒さ、というか雪の日でしたから

RIMG5556.JPG

このデフケース、車上だととんでもなく作業しにくいです。

RIMG5558.JPG

おまけにシャレにならないほど小さいミッションオイルのレベルゲージ

RIMG5559.JPG

油量はぴったりです。

RIMG5561.JPG

よ〜し、次はエンジン実装編
posted by admin at 23:10| Comment(0) | TrackBack(0) | アルファロメオ156
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/187117749

この記事へのトラックバック