2019年10月27日

アルファロメオ156SWのサスペンション交換その1

結構な大作業になる予感は的中ですべての部品が実に硬く止まっていて分解も一苦労

Img_0441 

どれ一つとして楽しく作業させてくれません。

Img_0445

特にリア側は苦労の連続でボルトすらまともに抜けません

Img_0448

ナックルが外れてもストラットが抜けません

Img_0450

フロントのロアアームに止まるおなじみのフォークも硬く、例の専用工具で締め付け部分を拡げて取り外し
166はそれほど苦労したことはありませんが、このクルマでは大変なのはサビが原因でしょうか?
それほど錆びている印象はないけどな

Img_0453

こいつね。

Img_0454

左はロアアームのボールジョイントが外れないからリングから出して場外乱闘でパイプ椅子攻撃

Img_0456

問題はリアショックまずは車体に止めているお皿とナイロンナットを外して

Img_0459

ナックル側を外せば車体からさようなら...
と思ったらなぜか外れない。最終的にはストラットとアッパーマウントを繋ぐナットを取ればスプリングの反発でストラットはミサイルのゆに発射するのですが、なんと、普通に外れてしまいます

Img_0460

ストラットは外れましたがマウントが固着してどうしても外れません
ハンマーで叩こうが、抉ろうがびくともしない。とんでもなく硬い

Rimg3364

上側を切ろうが。下からひっぱろうが

Rimg3365 

長い時間をかけて上下からツープラトンで攻撃でやっと外れました

Rimg3368

さて問題なのはリアショック。何がすごいかって

Rimg3370

ストラットが手で組めちゃう。サスペンションの体をなしていないです。
スプリングがここまでヘタっているのって見たことがありません
完全なるシャコタンのサスです。

Rimg3374

そらもー、全然違うワケでしえ。同じクルマの部品とは思えません

Rimg3372

僕らを本当に心配させたのはこれを見てからです
ショックも長い上にスタビリンクの取り付け位置も違う。
こりゃ、相当車高が上がるなあと。

Rimg3377

ジープどころか水陸両用車みたくなったら、どえらい事になってしまう。

Rimg3379

しかし四の五の言ってられませんから、作業を進めて行きます。
古いものは手組でしたが、新しいものはそうはいきません。
スプリングコンプレッサーで取り付けします

Rimg3380

マウントも新品

Rimg3382

一通り作って、反対側も同じく組み上げます

Rimg3390

リアが終われば次はフロント。
当然フロントも同じ時間を過ごしているのですから
リアと等しく傷んでいるはずです

Rimg3391

フロントはかなり縮めないと抜けません

Rimg3393

こちらもやはり短くなっています

Rimg3394

これにはノーマルとスポーツショック仕様と言う差がありますから
一概には言えないのですが

Rimg3397

ショックもまあ違います。

Rimg3398

新しい部品を組付けます。

Rimg3402

しかしこの時点で僕らはすごく不安だったのですよ
だってずいぶん長いじゃないですか

4df159e2f1ec1d393cc8bc2607c80e9991e6da10

こんな風だったり

Hqdefault

こんな風になってしまったらどうしようかと....

 

 

 

 

 

 

 

 

 

posted by admin at 15:43| Comment(0) | アルファロメオ156
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。