2019年05月04日

アルファロメオ156TS オイル漏れ修理

以前作業した156TSのタペットカバーパッキンの交換の模様。
エンジンオイルがエキマニ全般に落ちてよろしくないので交換と相成りました

Img_5778

V6と大きく違ってタペットカバーP/Kの交換は手間がかからないのです 
ちなみにタペットカバーP/Kってカムカバーシールっていうべきなの?

Img_5644

きれいな化粧カバーを外すと、ツインスパークユニットが現れます

Img_5779

このクルマは例のリブCVボルトだらけです。これに後々苦労させられるわけですが…
コイルを止めているボルトはトルクスです。トルクスよりもさらに強いトルクがかけられるので、よくも悪くも注意が必要です

Img_5785

洗濯物みたくとれるイグニッションコイルたち

Img_5786

タペットカバーは9個のボルトで止まっています

Img_5789

トルクスでも外せないことはないのですが 結構なトルクだったので、専用の工具以外ではなめていたでしょう。

Img_5795

外れました。すごくきれいなシリンダヘッド内。

Img_5792

エンジンオイルは早くかつ定期的な交換で、ブローバイの発生をかなり抑える事ができるのをV6のエンジンで見たことがあります。
インテークチューブ内にだらーりとオイルがたまっているクルマも、定期的に良いオイルを交換しまくると、全くそのブローバイ経由のオイルを見なくなったことがあるのです。僕も動脈を悪くしてから1年半、食生活を改善して血圧やコレステロール値も理想的な数値をいつでも叩き出せるようになりましたから、動脈硬化がよくなるといいのになあ

Img_5801

新しいパッキンを装着して基に戻そうしたとき。

Img_5806  

事故が起きたのですねえ。ボキボキボルトが折れるのです。すごいトルクをかけたとかじゃなくて、締めて行って締まりきると同時に、増し締めするまでもなく簡単に折れるのです。おそらく1/4のレンチでも折れていたでしょう。
緩める時のトルクは相当なものでしたから、ボルトとしての役目を終えたのかもしれません。
ちなみにちなみに、スリーブが点いた状態のこのボルト、すでに生産終了で国内在庫もありません。

ついでに言うならこのリブCVボルト、どうやら使っているのはフィアットアルファロメオ専用で、規格の覇権争いに敗れて廃れたようです。
僕んちのは安物の台湾製工具。もうずいぶん前、フォルクスワーゲンなどドイツ車はペンタローブっていう5角形のトルクスが来ますよ!ってウルトの北村君に脅かされてセットを購入しましたが、工具箱の肥やしにしかなりませんでした。
今までにに出た規格はこのように

_602062

工業規格ってその国独自のものだからしょうがないんのですが、作業者には負担になりますね。

で、結局リスクを考えて、同じボルトを使う6本はすべて同じ6mmのボルトに置き換えました。 

Img_5810

うーん、オリジナルから遠ざかってしまいましたが、これも安全性を優先した結果です。

Img_5814

V6と違ってしっかりパッキンが入りますので扱いは楽ですね。

posted by admin at 00:02| Comment(0) | アルファロメオ156
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。