2019年04月03日

ジュリアのACC電源

先日、フロントの塗装作業したジュリアのTips

Img_4897

お客さんのご要望でドライブレコーダーを取り付け作業がありまして、最近のクルマですから電源をどこから引くか?
これが最も重要な問題となります。

OBDにCAN-BUSアダプターを付けて…なんてことも考えましたが意外なところに良いものがありました。

助手席の足元の所に、ボディコンピューターの点検口がありまして

Img_4891

ここを開けるとヒューズボックスが現れます

Img_4893

ヒューズから電源を拝借する分には問題なさそうです。
しかもこのヒューズボックス、上一列がいわゆるACC電源で、下一列が常時電源となっているようです。

Img_4894

ただ必ず、テスターで確認して、特に大きい電流を必要とする部品(60Wより上くらいかなあ?)を接続する場合は
バッテリー直結の配線などから電源を受けて、ひとつリレーを使うのが望ましいと思います。

 

posted by admin at 00:03| Comment(0) | アルファロメオジュリア
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。