2022年02月15日

教えてくれないマセラティ

輸入車を触っているとたまにとても珍しいトラブルを目の当たりにすることがあります。
寄る遅くに運ばれたこのマセラティも同じで、1年半に1回、理由なくバッテリーが突然死するのです。
まー、理由がないわけではないとは思いますが...
今回も突然にいました。
1週間前まではフツーに動いていたのに

RIMG3637.JPG


結局バッテリーを載せ替えて
暗電流を見ますが全く問題ありません。
長くおけばスリープ状態になります。

RIMG3638.JPG


この恐ろしく重いバルタから

RIMG3639.JPG


やはり激重のACデルコへ

RIMG3640.JPG


新品ですが一応バッテリーをチェックしてみます

RIMG3643.JPG


ちぇっと低いですが

RIMG3644.JPG


バッテリーの容量を設定して

RIMG3645.JPG


ENを選んでCCAを830に設定

RIMG3646.JPG

十分すぎるくらいのCCAです

RIMG3647.JPG


システムチェックです

RIMG3648.JPG


エンジンをかけてOK

RIMG3649.JPG


続いてオルタネーターチェック

RIMG3650.JPG


13.75Vもあるのに電圧低いとは...?

RIMG3651.JPG

リップルも出ていますし

RIMG3652.JPG


ライトやエアコンなど電装機械を全開にして負荷をテストしても
実に問題ない


RIMG3653.JPG


一方、取り外したバルタ

RIMG3659.JPG


とりあえず充電しても

RIMG3660.JPG


電圧は上がりますが

RIMG3657.JPG


CCAが上がりません。

RIMG3658.JPG


これでは長く使えないでしょう。
しかし、なんでこんな事が定期的に起こるのでしょう
どこか知らないところで何かのデバイスが結構な電流量の消費をするのでしょう

さもなければ100Aの巨大なバッテリーを短い期間で、完全に空にすることはできないでしょう
posted by admin at 23:43| マセラティクアトロポルテ