2022年02月03日

アルファロメオ147 セレスピードの修理 交換編

エンジンを下ろしてトランスミッションを割った147TSですが
今回は組み付けから行きます

RIMG3238.JPG


クランクリアシールから

RIMG3240.JPG


古いシール剤をキレイに剥がしますよ〜

RIMG3242.JPG


トランスミッションのメインシャフトのベアリングシールも交換

RIMG3243.JPG


入れ替えたシール

RIMG3244.JPG


リアシールに液体ガスケット「ベンガラ」を入れていきます
ヘンな名前ですが本当にそういう名前なんです



とても良い商品ですがベンガラって言うとねえ
東京乾電池の...

e92e59d2.jpg

ル?
まあ、それをたっぷり塗ってですね、でも塗りすぎも良くありませんが

RIMG3248.JPG

このリアシール、デカイだけじゃなくて値段も高いの注意が必要

RIMG3249.JPG


トランスミッションのもよく塗ります

RIMG3250.JPG

出来たらそれぞれ取り付けます

RIMG3251.JPG


かようにメインシャフトを守ります

RIMG3253.JPG


クランクのリアシールはこの通り

RIMG3256.JPG


ハミ出たのをふき取って、レリーズベアリングを取り付けます
動きは永遠にスムーズでありますようにとおまじないをつぶやきます
グリス類は全てワコーズ製

RIMG3258.JPG

続いてクラッチ
板とカバー

RIMG3259.JPG


今までの疲れたカバー

RIMG3261.JPG


これから守備に就く新しいカバー
ずいぶん違いますねえ

RIMG3262.JPG

さっそく取り付けていきます。
センタリングツールを取り付けて

RIMG3265.JPG


トランスミッションを合体させます。
これが結構な重労働。
しっかりセンターが出ていてもスプラインが噛まないと入りません。
これを車上でやると腰をいわせるのですよ

RIMG3266.JPG


セレユニットも点検して異常が見当たらないので取り付け

RIMG3270.JPG


このエンジンについているベロみたいなのは?
パワステのフィッチングを外したときにだらーっと出るフルードをいなすためだけにあるすべり台
思えば、V6のオイルフィルターのところにも似たようなものがありましたね

RIMG3275.JPG


ここではセレのプッシュロッドはなんとなくしか調整しません。

RIMG3281.JPG


まずは全ての部品が問題なく元に戻りました

RIMG3283.JPG

さて、次回は戻していくのです、車体に。
posted by admin at 00:16| アルファロメオ147