2021年10月16日

魅惑のマニュアル

先日ちょっとしたメンテナンスの相談で、神奈川からおこしのお客さんの166

多くの方が、いや、一部のマニアの方が探している6速マニュアルのスーパー

RIMG1811.JPG


このクルマは僕も知ってはいましたが、神奈川県の販売店が買って、それからずいぶん経ってから、自分の会社に来るとは思いませんでした。

RIMG1814.JPG


購入後、一通り手が入って出来上がっているのです。
しかし、なかなかすごい費用が投入されています。
でも僕らが修理しても同じくらいの費用になることは、最近の2台のアルファロメオでも検証済みです。
しかし、基本となる車体価格が高額なので、ほしいなあ、なんて言っている限りは手に入らない金額になりつつあるのでしょう
マニュアルのクルマは常に珍重されます。

RIMG1810.JPG


130のアルファレッドで塗られているボディは、仕上げられていますが、僕ならまた違うスキームで塗るかなあ
並行輸入車なので、左ハンドルです。
アルファロメオに関して言えば左ハンドルの方が良いです。
整備性が抜群に良いです。

RIMG1816.JPG


ナビゲーションはありません。と書いてあります。
そうそもそも付いていないのです。これは二重丸。

RIMG1817.JPG


いやいやこれはなかなか良いですよ。

RIMG1818.JPG


近いうちに再見です。



posted by admin at 23:30| Comment(0) | TrackBack(0) | アルファロメオ166

時代は本当に便利になりました

MPIを作った90年代後半、街には今ほど輸入車はありませんでした
都心は別として、地方都市は今ほどディーラーも無く、あってヤナセ、BMWでした

時代が変わって、僕の歳に近い世代が経済の中心になるにつれて輸入車に乗る方が増えてきました。
所沢界隈でも本当に輸入車が多くなったのを実感します。

それと同時に故障が付いてまわるのも困ったものですが、今や、レッカーサービスが付いているのは当たり前で、代車だって用意してくれます

ぼくも幾度となくお世話になっています。
特にあいおいで入っていて、助かったのはW210に乗っている頃、相当前ですが、軽井沢でクランク角センサーの故障で動かなくなった時に初めて、このサービスを使いました。
長野県の大きなレッカー兼、販売店兼、鈑金工場兼、修理工場なるところへレッカーして、そこでレンタカーを用意してもらい、レンタカーで家に帰り、修理後は所沢まで陸送してくれる過剰なサービス。

今や当たり前のようにきます。
この日も2台運ばれてきました。
1台は神奈川県から

RIMG1685.JPG


もう一台は都内から

RIMG1686.JPG

もう便利さこの上ないのです。
果たして何キロ移動してきたことやらって感じです。

ネット販売の自動車保険は安いのですが、ここまでのサービスは付保されてない場合がほとんどですが、輸入車にお乗りなら既存の保険会社の商品を強くお勧めいたします。