2021年08月27日

嗚呼タイミングベルト前編

今回は降ろしたV6エンジンのタイミングベルトの交換を追います

RIMG0298.JPG


毎度同じような画ですね
でも今回は様子が少しだけ違います。

RIMG0300.JPG


今の時点で1番のトップは殆ど出ています。

RIMG0306.JPG


しかし... ジグが合わないのです

RIMG0307.JPG


微妙ではなく

RIMG0308.JPG


前後のバンクそれぞれに結構ずれています

RIMG0309.JPG


特に奥のバンクのインテーク側はボルトが入りません。
今時珍しい盛大なずれ方ですが...
何か事情があったのかなあ?

RIMG0312.JPG


仕方ないのでなるべくボルトを入れて固定するだけ固定して、カムスプロケットのボルトを緩めてジグの示す正しい位置に調整します。

RIMG0317.JPG

テンショナーを緩めてベルトを外します

RIMG0318.JPG


それぞれが正しい位置に収まりました
僅かな狂いでも走りにはそれなりの影響があるでしょう

RIMG0319.JPG


V6はタイミングベルト神話があって、5年とかさまざまなうわさが飛び交いますが、まずは基本的なカムの位置や調整をしてもらえるよう考えないといけません

RIMG0320.JPG


ではベルトを外して、こちらも長年使った部品に別れを告げて新しい明日を迎えられよう整備してまいります

RIMG0324.JPG


4つのカムシャフトスプロケットを外しました

RIMG0325.JPG


そしてここまでストリップダウン

RIMG0326.JPG

黒いバックプレートを外しました。
これを外さないとウオーターポンプ上側のボルトが外れないのです。

つまり、ウオーターポンプを交換する際はここまで分解しないと交換できないのです
話は堂々巡りになりますが、この状態まで分解するにはカムをロックさせる工具が必要になります。
カムのロックには1番の上死点をしっかり見極める必要があります。
どれをないがしろにしてもいけないのです。

と言う事で続きはまた次回

posted by admin at 23:04| Comment(0) | TrackBack(0) | アルファロメオ156