2021年08月25日

他の所もキレイにね

エンジン修理の合間に関連部品の整備を進めていきます
まずは曇りがひどかったヘッドライト
レンズ内部まで曇るとさすがにきれいにはなりませんがベストは尽くします

RIMG0258.JPG


サンドペーパー400番で水研ぎ

RIMG0264.JPG


その後600-800-1000番と番手を上げて
最後は1500-2000-3000番とペーパー目を消して

RIMG0271.JPG


塗装工程に進みます

RIMG0281.JPG

ディグリーサーは脱脂です。

RIMG0283.JPG


さらにアドヘッションプライマーで完全な密着を保証させます

RIMG0284.JPG


画像ではわかりにくいのですが、かなり白く濁ります

RIMG0287.JPG


そしてクリアー層に参ります


RIMG0288.JPG


2液型なので、缶の底のピンを完全に押し込んで主剤の中に硬化剤を入れます。
さらに長く振って各藩させてしゅーっとやります。
この2液混合の缶スプレー、スタンドックスでは古くからそのような商品を見たことがあります。
最大の難点は、硬化剤と反応させるために1回ミックスすると2度は使用できないので、使い切れない場合少々もったいないことですね

RIMG0290.JPG


塗装を強制乾燥させている間に、カエルを捕まえたので、しばしカエルと戯れて焼き上がり時間を待ちます

RIMG0291.JPG


焼きあがったレンズ。それなりにきれいになりました

RIMG0551.JPG


もう曇りは心配しなくて大丈夫でしょう

RIMG0552.JPG


さらにエアコンのフィルターも交換します。
エアコンフィルターと言っても車内のキャビンフィルターではなく、コンデンサー側のフィルターです。

RIMG0579.JPG

キャップを外しますと
サービス用のボルト穴が出てきますので、Cクリップを外して

RIMG0578.JPG

中身を引き抜きます。
このマテガイみたいのがフィルターです。

RIMG0576.JPG


かなり汚れています。おそらく、まず今日まで交換されなかったであろう部品です。
地球を3周するほどの距離の走行を支えてきた部品ですから、コンプレッサーが刷新されと共に新しいものに交換します

RIMG0574.JPG


新旧交代の時期。

RIMG0577.JPG

再びライトに戻って
ハイビームとロービームの色が違うと車検に受からないので、白いバルブに交換します

RIMG0580.JPG

もはや少数派になった感さえあるハロゲンバルブのH7

RIMG0581.JPG


折れていた取り付けの為のタブなどを修理して出来上がったヘッドライト。
さて無事に検査に受かると良いのですが

RIMG0583.JPG

posted by admin at 00:11| Comment(0) | TrackBack(0) | アルファロメオ156