2021年08月22日

Clutch dismantle from a fugitive engine

エンジンを外しての整備いろいろの156GTA
不滅のブッソV6ですが、お疲れをいやしてあげましょう

エンジンの取り外しの疲れも癒えぬ翌日からクラッチ交換です

RIMG0168.JPG

車両奥側のエキマニを外すのはその向こうのスターターモーターを外す為です

RIMG0172.JPG


外す理由はこのスターターモーターボルトがトランスミッションも止めているからです。
逆を言えばこのスターターモーターの車上での取り外しは絶望的に難しいのです
オルタネーターも何度も書いていますが、こんな時でないと交換することが大変だからです。

RIMG0173.JPG


この後ボルト各種とレリーズシリンダーを外してトランスミッションを取り外します。
レリーズシリンダーも消耗品で、フルード漏れの温床なのでこの際に交換してしまいます

RIMG0177.JPG

ここまでは、さも簡単に物事が進んでいるように見えますが、目もくらむような気温の中で作業をしています。
エンジンの汚れ方やクラッチのレリーズベアリングの汚れが時間の経過を物語っています。

RIMG0178.JPG


早速プレッシャープレートを外していきましょう

RIMG0183.JPG


外れたクラッチ

RIMG0185.JPG

クラッチ板はかなり摩耗しています。

RIMG0187.JPG

フライホイール。166はダンパー付きですが、156は漢のベタ付けです

RIMG0188.JPG


フライホイールを外すとクランクのリアシールです。

RIMG0189.JPG


下の方にオイルがにじんでいるのが見えます

RIMG0190.JPG


ね?暑そうでしょ

RIMG0193.JPG


続いてクラッチのレリーズ周り。トランスミッションのオイルシールを交換します。
長きにわたり愛されるクルマはできるだけオイル類の漏れが無いようにしたい一心です

RIMG0194.JPG


通称、天狗の鼻などと言われるミッションのシール
滅多に換えることはありません

RIMG0197.JPG


しかし新品が出ました。一時期入手できなかったと聞いた純正品でしたが...

しっかり取り付けて


RIMG0203.JPG

グリース類はワコーズを使っています。

RIMG0206.JPG


レリーズフォークとスラストベアリングそれぞれに違うグリスを塗ります

RIMG0224.JPG

この間までは汚れがあまりにスゴイのでキレイにしました
せっかくきれいにしたのになんでかクラッチ板を刺した状態の画像しかないのが悔やまれます。
一番見せたいところが隠れとるやん

RIMG0226.JPG

ミッションと合体する前にデフサイドシールの片方を交換します。

RIMG0231.JPG


なんか汚く見えますがこれ新品

RIMG0234.JPG


Day2の前編、後編に続く

posted by admin at 19:35| Comment(0) | TrackBack(0) | アルファロメオ156