2021年07月12日

アルファロメオ159 2.2セレスピードの修理 作業編

その恐ろしい症状を経験して、ささ、どうぞお乗りください。とは返せませんので、オーナーの了解を取って修理します
念のために診断機を使って減圧してからの作業です
作業そのものの難易度や手間はそれほどでもありませんが、何しろ場所が狭い

RIMG8829.JPG


トランスミッションの垂直面に張り付いたエンジンのコントロールユニットの脇にある、セレユニットにくっついています

RIMG8830.JPG


上側がシフトポジションセンサーで、これも同じく時間が経っているので交換の対象です

RIMG8832.JPG


うまく外れました。

RIMG8834.JPG


かつて147のセレもそうですが、このポテンショメーター
シフトポジションセンサーがらみの故障多いですね

RIMG8835.JPG


こちら新品。純正品です

RIMG8836.JPG


外れたところ。ここの動きを見ているセンサーです

RIMG8840.JPG


少々大変でしたがうまく取り付けできました

RIMG8841.JPG


続いてもうひとつのセンサーも交換します

RIMG8844.JPG

部品は全く同じ。こいつがあんなすごいトラブルを巻き起こす原因とは...

RIMG8845.JPG


取り付けたらこれでOKです。

RIMG8849.JPG


準備ができたらポンプを動かして圧力を戻して、システムをキャリブレーションをします。

ひとしきり作業が終了したら故障コードを消して試乗に出ます

RIMG8852.JPG


RIMG8853.JPG

RIMG8854.JPG

RIMG8855.JPG

RIMG8856.JPG

しかし、最近のクルマは診断機が無いと困りますね。
この159も近所の修理屋さんで断られたそうでして....

試乗の結果も上々で診断機に故障コードが入る事もなく、全くトラブルが出ません。
まあ、出ては困るのですが

数日さらに試乗もするのですが、少し他の作業を行うので、もう少しお預かりします



posted by admin at 21:32| Comment(0) | TrackBack(0) | アルファロメオ159