2021年01月24日

続・166修理の旅 伍

只今、日本全国166探しを実施中。
詳しくはこちらの記事からどうぞ

是非、お乗りの皆様のご参加お待ちしております

この日は午前中は別の作業をしていて、Eくんが作業を進めてくれました

RIMG4780.JPG


一気にバックプレートやスプロケットがくっついて、かなりそれっぽくなりました
昨夜の様子はこれでした

RIMG4761.JPG

ウオーターポンプなども今まで使っていたエンジンから移設します。
まだ新品のようです。

RIMG4782.JPG

シリンダーヘッドにはダイヤルゲージを取り付けてタイミングベルトの固定を待ちます

RIMG4785.JPG

ゆっくりクランクを動かして完全なトップを出します。

RIMG4786.JPG

だいたいのトップを予め出しておくことは前回のブログにて確認しました

RIMG4787.JPG

これがほぼ完全なトップ。1メモリの前後で位置を確定します。1メモリが1/100ミリですから本当にわずかな差を調整してロックするのです

RIMG4789.JPG

これでベルトを張ってスプロケットのボルトを締め付けて固定します。

RIMG4790.JPG


まずはタイミングベルトテンショナーの位置決め

RIMG4794.JPG

これも完全な位置で固定。上に見える6mmのヘックスボルトで、上下2本で固定しています。

RIMG4796.JPG


かつて誰かが付けたであろう合いマークは完全に過去の物になり完全なバルブタイミングが調整できました

RIMG4798.JPG


そうしたらフタを閉めます

RIMG4805.JPG


まず片方

RIMG4806.JPG


もう片方。液体ガスケット、しかもベンガラ色です。ベンガラって何??

RIMG4809.JPG


こちらもフタをします。

RIMG4811.JPG

出来ました。タイミングベルトケースや補器類を組んでいきます

RIMG4813.JPG


点火制御系のメインハーネスも166についていた方から外します

RIMG4814.JPG


一方でドライブシャフトを取り付け

RIMG4816.JPG


どんどん部品が付いて行って出来上がりが近くなってきました

RIMG4818.JPG


前も後もO2センサーを外してあります

RIMG4820.JPG

奥に佇むいらないエンジン。

RIMG4821.JPG


このエキマニの下の遮熱板の下にスターターモーターがあるのです。
すぐ後ろはエアコンのメカニズム類が入る場所の隔壁ですからスターターはエンジンが載っていたら絶対交換できないのです

RIMG4824.JPG

しかもこのエキマニに隠れるようにオイルフィルターがあるのが分かります。
長い距離を乗ってきてフィルター交換をさせるのは酷ってやつです

RIMG4829.JPG

ベルトは張りますがパワステのタンクは付けません。車両側に残るパワステパイプ類とここで交差するからです

RIMG4832.JPG

いよいよ再婚の時がきました

RIMG4834.JPG

合体です❣ きゃっ♡

RIMG4838.JPG

ま、作業する側は大変なんですけどね

RIMG4842.JPG

少し上げたり下げたりをして、パワステパイプやラックのギアボックスを固定したりと
再婚もラクじゃありませんね。

RIMG4844.JPG

もうすぐ僕らの正月も終わろうとしています。
posted by admin at 21:20| Comment(0) | TrackBack(0) | アルファロメオ166