2021年01月14日

続166修理の旅 2

只今、日本全国166探しを実施中。
詳しくはこちらの記事からどうぞ

是非、お乗りの皆様のご参加お待ちしております。

エンジン交換中の166の続き

単純にエンジンを交換するといっても、エンジンの元は156で違う車種なので、ちょっとちょっと違っている場所があります。
それは、こことここが違うよと何かに書いてあるわけではないので、よく見てよく考えて作業せねばなりません

この日はおろしたエンジンからドナーに移す部品を外す作業です。
部品は主にエンジン下回りのマウントやトランスミッションなどです。その部品を外すためにはエンジンサブフレームから外して作業をすることになります。

IMG_2235.JPG


結構重いですよ。オールアルミのエンジンですが
アルファの至宝なんて言われるV6のシリーズですが、タイミングベルトが切れたり深刻なトラブルが発生すると、みんなこんな道のりを歩いていくのですよ

IMG_2237.JPG


サブフレームから完全に離れたら、このエンジンは用済みなので、パレットなどにおいて、必要な部品を取り外されるのを待ってスクラップになります

IMG_2238.JPG


この状態で部品を外さないといけないのです。

IMG_2241.JPG


オイルフィルターブロックやインターミディエイトドライブシャフトのベアリングホルダーとが一体になったエンジンマウント

IMG_2242.JPG


外すとメタルガスケットが出てきます

IMG_2244.JPG


反対側はエアコンのコンプレッサーブラケットと一体のエンジンマウント。パワステポンプブラケットも移植します

IMG_2245.JPG


それらを取り置いたらパレットに鎮座します

IMG_2250.JPG


トランスミッションASSYを取り外したらとりあえずここまで。

IMG_2252.JPG


宿題にO2センサーの組み換えをします。ボッシュの純正OEM品はコネクターを自分でこしらえるタイプ

RIMG4648.JPG


純正と同じAMP製のコネクターを作ります

RIMG4649.JPG


長さを揃えたら完全なOEM品の出来上がり

RIMG4650.JPG


4極コネクターはヒーター動力線、信号動力線、それぞれのアース線です

RIMG4652.JPG


次はこれを車体に戻していきます

RIMG4653.JPG



posted by admin at 23:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 未分類