2021年01月03日

アルファロメオV6の冷却水漏れ修理

アルファロメオのV6で多い冷却水漏れ
サーモスタッドケース周りのトラブルが多いです。
昨年の暮れに修理した156フェーズ1

昨年末になんだか冷却水が減るという事でオイル交換の際に加圧テストから、ラジエターロアホースに問題が発覚
ストップリークを入れたらとりあえず止まったとの事で後日入庫となったのでした

なにしろ156のロアホース、あまり良いのが国内にないので海外から取り寄せました

RIMG4294.JPG


ところが入庫の際にユーザーからサーモケース付近からも漏れがあるようだと。
確認すると確かにパイプ付近に乾いたLLCの跡がありました。
じゃあ、それも含めて作業します

RIMG4246.JPG


インテークチューブを外します。

RIMG4247.JPG


なんちゅースロットルボディだ!!
外して清掃したのかな??

RIMG4248.JPG


各種水温センサーやノックセンサーのコネクターを外しまして

RIMG4249.JPG


これがサーモケース。アルファロメオはサーモスタッドはこのやかんのようなケースアッパーごとの支給です
ちなみにこれも交換します。どうも走行中に水温が下がるとの事で
確か、タイミングベルト交換時に交換したような...

RIMG4250.JPG

このサーモケース、ちょっとやそっとじゃ外れません。
ツープラトンでウンウン言いながら外します。

RIMG4252.JPG


ケースが外れました。このように書くと一瞬ですが結構大変

RIMG4254.JPG


おそらくは新車として世に出て初めての状態

RIMG4255.JPG

もはやOリングは完全に役目を終えてゴムとはとても思えない状態です。
外すというというより、パリパリしたのをはがしている感覚

RIMG4257.JPG


ここのOリングは特注で作りました。もちろん日本製。

RIMG4259.JPG


20年以上の時を超えて交代するOリング

RIMG4260.JPG


もう平らになったまま戻りません。ちなみにラジエターストップリークはこういったカッチカチになったOリングをふやかして、再び右のOリングのようになってもらうお薬です

RIMG4261.JPG


とはいえ、ここまで劣化が進むと逆に漏れがなくなって圧力が上がった際に損壊してしまうことが度々あります。
漏れ止めには、あくまで応急処置で早めに整備工場で修理してください。なんて文言が踊ります。

RIMG4264.JPG


取り付け部分はキレに清掃します

RIMG4265.JPG


サーモケースもサンドペーパーで整えます

RIMG4269.JPG


新しいOリングを装着。黒いパイプはウオーターポンプからきているパイプです。
反対側はタイミングベルト交換時にOリングも交換しています。
166はウオーターポンプを外すとこのパイプも外れるので、その際に交換しますが156は太いサイドメンバーに阻まれて簡単には交換できないのです。

RIMG4268.JPG


長くパイプがくっついてたところには段差のような水垢があったので、それもキレイに削ってOリングの当たり面を整えます

RIMG4266.JPG


作業はさらに続きます。今度はラジエターロアホースを交換します

RIMG4270.JPG


リレーやらバッテリートレイなど

RIMG4272.JPG


クラッチのレリーズシリンダー丸見え

RIMG4274.JPG


左が純正、右が輸入した社外

RIMG4275.JPG


これがかなり心配。手はいるものがほとんどないのでやむなしか。
純正もこの接合部分から漏れました

RIMG4276.JPG


ラジエター側は例のワンタッチカプラーになっています。
ぱちっと入ったのでラジエターは純正か!?

RIMG4277.JPG


まずは水漏れ修理でした

RIMG4278.JPG
posted by admin at 21:07| Comment(0) | TrackBack(0) | アルファロメオ156