2021年01月17日

BMW5シリーズの修理

急ぎでBMWの修理が入庫しました
クルマは現行5シリーズのディーゼルターボ
昔はEいくつとか、最近じゃFいくつとかの開発コードで呼ばれていましたが、この5シリーズはG30というそうです。
もうね、BMWもぜんぜんわからない

RIMG5002.JPG


今回修理するのはいたずらキズ。

RIMG5004.JPG


しかもかなり深い。鋭利なものでがっつり。しっかりキズをつけるつもりでやっています

RIMG5005.JPG


ところでこのくるま、新車からそれほど年数が経っていないので、少し見てみると

RIMG5009.JPG


モールのズレ。

RIMG5010.JPG


チリはそれぞれきれいに保っていますが

RIMG5012.JPG


ドアのしゃくれから下は段差があります。

RIMG5013.JPG


クルマは工業製品でありますが、美しいチリを約束するものではありません。
まれに極端に気にする方がおられますが、自動車の値段や価値に関係なくこういったズレはあるものです。
公差なんて言いますが、完全にそろっているクルマはなかなかありません。
特に輸入車については、だいたいバラバラです

とか言っておきながら新車が来ると真っ先にあちこちチリやプレスラインを見たり触ったりするんですけどね(爆)

【BMWの最新記事】
posted by admin at 23:13| Comment(0) | TrackBack(0) | BMW

2021年01月16日

部品いろいろ

MPIでは自社の顧客の為に定期的に部品を輸入しています

RIMG4942.JPG

今回ももりだくさん。一部を紹介します

RIMG4944.JPG

初代イプシロンの純正フロアマットセット。超激レア(笑)

RIMG4946.JPG

166のフロアマットの止め具。

RIMG4947.JPG

RIMG4948.JPG

147のウオッシャノズル。やがてそう遠くない未来、これが無くって車検に通んなくなっても困るので買っておきましたが

RIMG4949.JPG

147GTAにも使う熱線入りノズルも買いました。

RIMG4950.JPG

先日、使ってしまったのでひとつ仕入れたABIユニット。

RIMG4951.JPG

初代イプシロンのエアバッグインフォレーター。レアだわー

RIMG4952.JPG


GTV 2.0 V6ターボのヘッドガスケット。こちらもレアだわー

RIMG4953.JPG

ごめんなさない、これらはほとんど外部の方には販売できませんです。
ご利用いただいているお客さん向けですー
posted by admin at 20:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 輸入部品

2021年01月14日

続166修理の旅 2

只今、日本全国166探しを実施中。
詳しくはこちらの記事からどうぞ

是非、お乗りの皆様のご参加お待ちしております。

エンジン交換中の166の続き

単純にエンジンを交換するといっても、エンジンの元は156で違う車種なので、ちょっとちょっと違っている場所があります。
それは、こことここが違うよと何かに書いてあるわけではないので、よく見てよく考えて作業せねばなりません

この日はおろしたエンジンからドナーに移す部品を外す作業です。
部品は主にエンジン下回りのマウントやトランスミッションなどです。その部品を外すためにはエンジンサブフレームから外して作業をすることになります。

IMG_2235.JPG


結構重いですよ。オールアルミのエンジンですが
アルファの至宝なんて言われるV6のシリーズですが、タイミングベルトが切れたり深刻なトラブルが発生すると、みんなこんな道のりを歩いていくのですよ

IMG_2237.JPG


サブフレームから完全に離れたら、このエンジンは用済みなので、パレットなどにおいて、必要な部品を取り外されるのを待ってスクラップになります

IMG_2238.JPG


この状態で部品を外さないといけないのです。

IMG_2241.JPG


オイルフィルターブロックやインターミディエイトドライブシャフトのベアリングホルダーとが一体になったエンジンマウント

IMG_2242.JPG


外すとメタルガスケットが出てきます

IMG_2244.JPG


反対側はエアコンのコンプレッサーブラケットと一体のエンジンマウント。パワステポンプブラケットも移植します

IMG_2245.JPG


それらを取り置いたらパレットに鎮座します

IMG_2250.JPG


トランスミッションASSYを取り外したらとりあえずここまで。

IMG_2252.JPG


宿題にO2センサーの組み換えをします。ボッシュの純正OEM品はコネクターを自分でこしらえるタイプ

RIMG4648.JPG


純正と同じAMP製のコネクターを作ります

RIMG4649.JPG


長さを揃えたら完全なOEM品の出来上がり

RIMG4650.JPG


4極コネクターはヒーター動力線、信号動力線、それぞれのアース線です

RIMG4652.JPG


次はこれを車体に戻していきます

RIMG4653.JPG



posted by admin at 23:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 未分類

2021年01月13日

便利グッズ

只今、日本全国166探しを実施中。
詳しくはこちらの記事からどうぞ

是非、お乗りの皆様のご参加お待ちしております。

先日、アマゾンで何かを探していた時に出てきた関連グッズ
なんぞやと思ってみてみると
クリックしないとわからない、でもクリックした瞬間に何かわかって買いました


これじゃあねわからないかなー?画像をクリックするとアマゾンに飛びます

あ、見なくてもこちらがその工具です

RIMG4915.JPG


この時期、自分でスタッドレスタイヤに交換する人も多いのではないでしょうか?
そんな時のお助けグッズ。

ちなみに自分でいろいろ作業するプライベーターご用達の商品はジャッキ自体です
永遠のベストセラー、マサダのシザースジャッキ。使っている人も多いのでは?


しかし、そこまでいらないけど、車載のジャッキでタイヤ交換くらいやりたい向きにはちょうどいいのでは?

なかなかヘビーデューティーな作りです

RIMG4916.JPG


PATの文字も凛々しく、実にぴったりな感じ。

RIMG4918.JPG


昔17mmのナット溶接したなー。
フレーム修正機にデリカ載せる時に、高さ調整のためにクルマの下に入れようとして、リフトを下げてきたら、全く抵抗になることなくそのパンタジャッキがぺっちゃんこになっちゃったんです。
せっかく溶接したのに。ジャッキの耐荷重は守りましょう。

RIMG4919.JPG


僕らはインパクトで回せますが、人によっては電動インパクトなどでばばっと回せそう
もちろん、ラチェットで回すのもアリ

RIMG4920.JPG


21mmのソケットで回します。だからホイールのクリップボルトも21mm1本でいけちゃう
あ、輸入車や一部の軽自動車は17mmだったり19mmだったりしますね

RIMG4921.JPG

なかなか良さげなお助けグッズでした。
posted by admin at 23:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 工具 展示会

2021年01月12日

続・166修理の旅

只今、日本全国166探しを実施中。
詳しくはこちらの記事からどうぞ


前日に持って帰って分解しておいたエアコン関連部品を清掃します。

RIMG4621.JPG


出来るところは全てばらばらにします。

RIMG4622.JPG

ファンケースはモーターを外して、エバポレーターも外して清掃しました

RIMG4623.JPG

エバポレーターは市販のエアコン洗浄剤で

RIMG4625.JPG


一通り丸洗いした部品たち。エバポレーターは泡だらけにしてあるけど

RIMG4627.JPG


乾いたら組んでいきます。いろいろなビスが使われているので注意が必要です。

RIMG4628.JPG

サーキュレーターアームは新品にします。

RIMG4629.JPG


エバポレーターケースはしっかり洗浄しましょう。エアコンがクサいのはここが原因になることが多いですから。
そしてここで発生した結露は下に落ちて例のダストシューターに落ちていくのですねえ

RIMG4630.JPG

エバポレーターをど真ん中に

RIMG4631.JPG

もちろんエアコンフィルターも交換。

RIMG4633.JPG

組み立ては進みます

RIMG4634.JPG

最後にスポンジテープで回ったら出来上がり

RIMG4636.JPG

クルマ側のヒーターケースも洗浄します。

IMG_2253.JPG


もちろん新品のヒーターコアを入れて、上からヒーターの熱風を混ぜるミクスチャードアを取り付けます
ここから先は作業に没頭して画像がありません

RIMG4637.JPG




RIMG4638.JPG

合計8か所のOリングを交換します。

RIMG4640.JPG

隔壁も付けてワイパーリンクも取り付けて出来上がり間近

RIMG4641.JPG


これでエアコン関係はOK。
いやあ、実に実に作業しやすい。

RIMG4643.JPG

なんかお風呂に浸かっているみたい。

RIMG4645.JPG

いやあ、エンジンが無いって本当にいい物ですね
と言ったのは淀川長治ですね

RIMG4647.JPG
posted by admin at 23:47| Comment(0) | TrackBack(0) | アルファロメオ166

2021年01月11日

166修理の旅

只今、166探しを実施中。
詳しくはこちらの記事からどうぞ

さて、作業中の166
エンジンがお留守なので、ほかの作業もこの際に行います

RIMG4593.JPG


最終型になると結構違います。エンジンルームを分ける隔壁も金属の骨が付いてしっかりしています。
また あるはずのヒューズボックスがありません。
左ハンドルなのでワイパーリンク形状も全く違います


RIMG4592.JPG


毎度おなじみヒーターコア交換。エアコンをオーバーホールします。

RIMG4595.JPG


この位置から撮影できる喜び!

RIMG4597.JPG


それでも決して作業しやすいユニットだとは思えません。左ハンドルなので、エアコンの車内の空気取り込み口は、中が丸見えです。
右ハンドルは当然、いろいろなものがあるので、中側は伺いしれません

RIMG4598.JPG


ヒーターコアを引っこ抜くとやはり少量の漏れた跡があります。

RIMG4599.JPG

ことごとく壊れます。

RIMG4601.JPG


交換したであろうヒーターコアさえ漏れているのを見ました
匂いでわかりますから、匂ったらすぐに修理の計画を立てるべきです

RIMG4606.JPG

バルクヘッドにある穴、これはエバポレーターから発生した結露というか水を車外に捨てるための穴で
水はこの穴の直下にあるエキゾーストパイプにボタボタ落ちてじゅうじゅうと音を立てます
僕らはこの穴をダストシューターと呼んでいます。

RIMG4608.JPG


空気取り入れ口からグローブボックスの向こうが見えます。

RIMG4610.JPG


エンジンもなければエアコンのユニットもない
がらんどうな166。

RIMG4612.JPG


分解するのって一見簡単ですが、意外に大変なのですよ。
こおうして2日目の夜も更けていくのでした

RIMG4614.JPG


取り外したエバポレーター。分解して清掃します

RIMG4616.JPG


ファンユニットも分解

RIMG4617.JPG


エバポレーターもこの際きれいにしましょう。

RIMG4618.JPG

お正月とは思えない大胆な仕事です
posted by admin at 23:10| Comment(0) | TrackBack(0) | アルファロメオ166

2021年01月10日

Ozzy Osbourne Live in Memphis 1982

またまたアマゾンでブート買っちゃった


ちょうどこのライブビデオの頃です。

このライブは1982年の6/23、カリフォルニアはアーバインでのアンフィシアターでのライブ
MTVの放送用にシュートした物だと言われています。



曲順は以下の通り

タイトルなし.jpg


一方、今回買ったのは4/28、テネシー州メンフィス ミッドサウスコロシアムでのライブです。
おそらくはFM音源のブートです。FM音源だから音はかなり良いです

RIMG4765.JPG


収録曲はsetlist.fmにあるのと一緒です。そしてDVDと同じ


RIMG4766.JPG

かなり手の込んだ作りでこれって本当はオフィシャルなの?とか思ってしまいます

RIMG4772.JPG

RIMG4773.JPG


しかも簡単なライナーノートまで

RIMG4769.JPG

何度も見ていますが、これでその時の状況に思いを馳せましょう



ちなみにそのブートのライブが4月28日、しかしその約8か月後の1982年12月12日
あの、ジューダスプリーストの「Live vengence」が同じミッドサウスコロシアムで収録されます。

この会場、MTVと何か関係があるのでしょうかね
調べてみると現在は閉鎖されたそうです

mid-south-coliseum-1024x7682.jpg


コンサートはもちろん、プロレスやホッケーにも使われたそうです。
1963年にオープンし2006年に閉鎖されたそうです。

でかいですねえ。座席数は1万ちょっと でも武道館は14500ですからそれよりかは少ないのですね

21256-M.jpg


posted by admin at 23:24| Comment(0) | TrackBack(0) | ヘビーメタル

2021年01月09日

166修理の旅

いやー、昨日の166探しの旅、早速延べ5件のメール頂きました。
いやあ、うれしいですねえ。さらに写真まで添付頂いたり本当にありがとうございます。
只今 東京都1件、神奈川県1件、栃木県1件、石川県1件、岐阜県1件です。
大変恐れ入りますが、この場から熱く御礼申し上げます。

ぜひ皆様、奮ってご参加ください。

さて、僕はEくんとともに正月返上で作業しています。
それはこちら

記事の最後の方、恐ろしいですねえ。なぜかこのクルマ何事もうまくいきません。
この悪い流れを断ち切る為に呪文を唱えながら作業します、ああなんまんだー

RIMG4548.JPG

勝手知ったる何とかで、エンジン下ろしもかなり慣れてまいりました
バッテリーを外すために先にトランクやフュエルリッドなどを開けておきます。

RIMG4549.JPG


こちらは今回、移植を待つ中古のエンジン。

RIMG4551.JPG


補機類やトランスミッションはありません。しかしまぎれもない3.2Lブッソユニットの最高峰

RIMG4552.JPG


どんなに慣れてもボルトを回すスピードは限界があります。
恐ろしいまでの数のボルトナットを外していくのです
みんな恐ろしいまでのトルクで締まっていますからね、大変なのですよ

RIMG4554.JPG


バンパーやボンネットフードを外します。

RIMG4555.JPG


ブレーキキャリパー、ナックルも外します。どこまで残してどこまで外すかが秘訣です

RIMG4558.JPG


二人でどんどん外します。

RIMG4561.JPG

分解は進みます。Eくんは燃料、配線周り
僕はラジエター、コンデンサー周りを分解します

RIMG4567.JPG

配線は車体からくるハーネスとエンジンからくるハーネスとECUで交差しますので、そこから縁切り
他にクラッチのオペレーティング、ヒーターホース、ラジエターアッパー、ロアホース、トランスミッションのコントロールロッドなどなどを外していけば、やがてはずれます。

RIMG4569.JPG


ラジエターは中期以降、ロアホースがクロスメンバーの上を通ってエンジンに入ります

RIMG4571.JPG


走行距離が若いので、下回りもキレイです
下回りはエキゾーストパイプ、パワーステアリングのパイプなど

RIMG4572.JPG


だんだん、エンジンを下す瞬間がやってきました
離婚です!

RIMG4575.JPG


引っ掛かりがないかゆっくり車体を上げます。毎回苦労するのはパワステのラックです。

RIMG4576.JPG


もうすっかり暮れてしまいました。
無事にエンジンが泣き別れました

RIMG4577.JPG


166はメンバーごと下せるので、147、156よりも作業しやすいです

RIMG4579.JPG


補機類が全部ついた状態です。皆さんこのエンジンにほだされているのです
エキゾースト音が良いとか、スムーズな回転が良いとか

RIMG4581.JPG


でもね。このメーカーはアホかと言いたくなるような作りしてますのよ

RIMG4582.JPG


まー、これから何となくシリーズで展開しますからお楽しみに

RIMG4584.JPG


左サイドメンバー。ABSユニットが見えます

RIMG4587.JPG


右サイドメンバー。エンジンサブメンバーを外すと貧弱なサイドメンバーです。
決して剛性が良いとは思えません。当然、事故による衝撃を受けた時の損傷度も容易に想像が付きます

RIMG4588.JPG

では、がんばって次回もエンジンを交換していきましょう


posted by admin at 22:50| Comment(0) | TrackBack(0) | アルファロメオ166

2021年01月08日

日本全国アルファロメオ166探しの旅 本当は何台あるの?

突然ですが今、このブログをご覧の皆様で、166を現在お持ちの方
果たして現存数がどれくらいあるのか知りたいと思いませんか?

コロナウイルスが猛威を振るう中、どこか遠くの知らない土地で暮らす166に思いを馳せるのもいいかなあと(笑)

そこで全国調査の協力をお願いしたいと思います。

現在お持ちの方で、車検がある方もしくは動態保存の状態に限ります。部品取りは含みません
お住いの県、年式 前期 中期 後期 ボディカラー
それを下記の、今回使う専用アドレスに送ってください。
ご協力いただける方、こちらのメールアドレスから是非どうぞ


頂いた個人情報を何かに利用したり、外部に漏らすことはありません。
また、一定期間が過ぎましたら車両の種類を除いた個人が特定できる情報は完全に、安全に削除いたします。
1-2か月後を目途に情報が集まれば、何県に何台くらいは、全部で何台なんて公表できたらいいなあなんて

気取らず気負いせず適当に書いていただければ結構です。でもウソは書かないでくださいね
お名前や住所などは書かないでください。でもMPIをご利用経験のある方は、判別の為にお名前をいただけると助かります。


記入例としては
埼玉県 銀 中期 7万キロ  13年とか
東京都 ヌヴォラ 前期 左ハンドル M/T 12年 なんて特殊な情報があると楽しめます

よろしくお願いいたします。
また、ご意見ご希望のある方は


までどうぞ

来るといいなあ〜


posted by admin at 22:35| Comment(0) | TrackBack(0) | アルファロメオ166

2021年01月07日

クルマの未来

2030年にガソリンを使う車の新車販売が禁止されるそうですね
世の中の向いている方向を考えれば決して間違えた方法ではないかもしれません。

今回、壊れてしまったekスポーツの遺産で乗っているプリウス

RIMG4654.JPG


自走ができない場合に限り30日間タダで代車に乗れます

RIMG4382.JPG

しかし今まで真冬にプリウスに長い期間乗ったことが無かったので知らなかったことが結構ありますね
なんといっても思うのが、暖房の効きがめっぽう悪いのです

プリウスのエンジンは基本的にクルマを動かすためにあるのではなく、主はモーターを動かす為に発電するのが多くの目的です。
もちろん走ることもしますよ。でもそれはいつもエンジンをかけて冷却水を回しているわけではないので、ちょうど真冬にサーモスタッドが死んでるクルマに乗っているような感じ。
車内温度を26℃とかにしないと寒いのです。
やがて、確かに暖かくなるのですが、ガソリン車のような水温が上がったときの強烈な暖かさは全くと言っていいほどありません。
ぬくーい風が出てくるのです。
基本的に、エアコンの仕組みを応用しているのでしょうか。
冷媒を圧縮させると発熱します。発熱を冷ますと冷媒が液化します。この冷ますのがラジエターの前にあるコンデンサーに風を当てて冷やすのですが、その仕組みを車内に持ち込んでいるのではないかと。あとは生ぬるい冷却水を引き込んでいるのか。

詳しい仕組みは知りませんが、こんなニュースを見ました


雪の無い首都圏や近郊にいるとほとんど考えることはありませんが、なるほど言われてみれば確かにEV、具体的にはリーフであの中に取り残されたら、どえらいことになっていたかもしれませんね
いや、ひょっとしたらいたのかもしれません。
少なからず、ハイブリッド車は少なからずいたのではないかと....

でも、本当は僕はこのニュースを見たときに、アルファロメオだったらオーバーヒートしたり、オルタネーターがパンクしたら、本当に死が待っていたろうなあ、整備は大事だなとか思ったりしたのですけどね...

戻ってプリウス。

すごい燃費。もうどれくらい乗ったかしらないですが、ぜんぜんガソリン減りません。
レーダークルーズ付きで、ブルートゥース付きで、ハイブリッドで、静かで、広くて....

全く特徴の無い走り、凡庸な乗り味、ファントゥドライブとは程遠い走り、200mも走れば必ずと言っていいほどすれ違う異様なまでの没個性。
これは何かと尋ねたら

家電...










posted by admin at 23:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 国産車